スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
薫るお茶フード
2008 / 06 / 07 ( Sat )

2008.5.31(Sat)
薫るお茶フード

aDSC_0299.jpg


今回のテーマは茶葉の風味を活かした"お茶料理"。
旬のお茶料理をワインと共にお楽しみいただきました。

会場には多くのお客様にお越しいただき、お茶を使った料理のおいしさと
様々な茶葉の使い方にとても興味をもって下さり、
会場はその話題で盛り上がりました。





薫る烏龍茶葉とホタテ貝の豆腐前菜
0806_01.jpg

冷たく冷やした豆腐の上に烏龍茶葉、干しホタテ貝、ザーサイなどをトッピング。
ピリ辛の薬膳ラー油が小気味良いアクセントになっています。

前菜にセレクトした茶葉は「凍頂烏龍茶」。
その特徴は"ゆっくりと染みわたるような上品な香り"

ホタテの旨みがぎゅっと詰まった干し貝柱と合わせることによって
上品でコクのある前菜が完成しました。





薫る緑茶のぷるぷるジュレサラダ
0806_02.jpg

爽やかな緑茶のジュレとアジアンの薫り漂うエスニックサラダ。
乾燥させた茶葉のパリパリとした食感と香りがアクセントの一品です。

サラダには佐賀県の「嬉野茶」(うれしのちゃ)を選びました。
香りを強く感じるのが特徴のお茶です。

緑茶で作ったジュレの"清涼感"と「嬉野茶」の"香り"を
感じながらお楽しみください。





薫る抹茶の豆乳リゾット
0806_03.jpg

季節のそら豆を添えた和風仕立てのリゾット

旬の食材「そら豆」を飾り、抹茶をきれいなリーフ型に振り掛けました。
昆布だしベースのやさしい味わいの豆乳スープに薫り高い抹茶のハーモニー。

豆乳のまろやかさと抹茶の香りが
この季節にぴったりのリゾットではないでしょうか。





薫る紅茶のやわらか煮豚、グレープフルーツソース

0806_04.jpg

紅茶でじっくり煮込んだとろけるような豚肉を
爽やかな季節のグレープフルーツのソースでお楽しみいただきました。

豚肉を紅茶で長時間煮込むことによって肉の旨みを閉じ込めたまま、
とろけるような柔らかさになり、後味には紅茶の風味を感じることもできます。

紅茶の特徴を見事に活かした一品です。

ソースには旬の果物「グレープフルーツ」をセレクト。
グレープフルーツの爽やかさを生かして、
豚肉と相性の良い風味豊かなソースに仕上げました。





薫るほうじ茶ティラミス
0806_05.jpg

ほろ苦いほうじ茶の香り漂う和テイストのティラミス
ヨーグルトを使ってあっさりとした味わいに仕立てました

一般的なティラミスはエスプレッソで香りを付けていますが、
happyspoonは香ばしい焙じ茶の香りを染み込ませました。

香ばしいほうじ茶の風味を活かした和テイストティラミスです。




0806_07.jpg

0806_08.jpg

日本では"お茶料理"というジャンルに出会う機会は少ないと思います。
このイベントを通して"お茶料理"の楽しみを少しでもお伝えできたなら幸いです。

happy spoon





応援お願いします♪
にほんブログ村 料理ブログへ 
 




スポンサーサイト
23 : 44 : 51 | AMPHITRITE | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<6月イベントのご案内 | ホーム | 5月イベントのご案内>>
コメント
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2010/10/01 11:45 * [ 編集] | page top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2010/10/04 22:24 * [ 編集] | page top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2010/10/11 18:42 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hapisupu.blog90.fc2.com/tb.php/38-875c57fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。