スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
パイナップラーズ10周年記念LIVE
2010 / 03 / 11 ( Thu )

パイナップラーズ10周年記念LIVE
スペシャルメニュー「パイナップル・シスターズ」

 
CA8T87WP.jpg

                        
2月20日は、『田中タケルとパイナップラーズ』という素敵なバンドの
10周年記念ライブでした。
パイナップラーズは、ハピスプがいつもお世話になっているお師匠さまのバンド♪

そんなご縁で、パイナップラーズのためにハピスプが考えたメニューを
ライブハウスで販売していただきました。

「食事代わりにもおつまみにもなる盛り合わせプレート」というお題だったので、
パイナップラーズにちなんで、パイナップルを使ったメニューばかりを考えました。

お食事がわりに召し上がったり、お友だち同士でつついていただいたりと、
楽しんでいただけたようです。


CA0EHZBG.jpg


長女
パイナップルと海老のマチェドニア
~ちょっぴりスパイシーな南国風サラダ
タイの唐辛子やナンプラーの利いた甘酸っぱいサラダです。

次女
パインナップルとハムの塩ケーキ(ケーク・サレ)
~ただ今流行中の塩味のケーキ
刻んだドライパイナップルの甘みとハムの塩気がたまらないおつまみ風。

三女
パイナップルとポークのドーナツ
~ポークとパインの絶妙な組み合わせ
生のパインに豚ロースをぐるぐる巻いて、アメリカンドッグ風に揚げました。

四女
パイナップルディップ&チップス
~クリームチーズにパインとナッツを混ぜたディップが最高
おつまみの定番ですね。パインのあまみとクルミの食感がチーズにぴったり。


CA90DV15.jpg

パイナップルづくしという変ったメニューばっかりだったので、
ちょっとドキドキしていましたが、おかげさまで完売!

パイナップルとポークのドーナツは思いつきで作ったものの、
かなりおいしく、メンバーのお気に入りの一品となりました。
アイデアと心意気の創作料理は楽しいですね。



現在、「サロン・ド・ベリー」というイベントの準備を進めています。
詳細が決まったら、またお知らせします!

スポンサーサイト
14 : 23 : 23 | Catering party | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハピスプ アラウンド・ザ・ワールド
2008 / 09 / 30 ( Tue )
2008.9.21(Sun)
ハピスプ アラウンド・ザ・ワールド
happy spoon around the World
~料理で世界旅行!?~

karuizawa_menu_a.jpg


軽井沢のゲストハウスClasse Karuizawaにて
『ハピスプ アラウンド・ザ・ワールド』というパーティを 開催いたしました。

初秋の軽井沢発の世界旅行をイメージして、
日本のちらし寿司から、アジア、アラビア、ヨーロッパ、アフリカと旅するような
気分で味わっていただけるようなメニューを提案。

フードコーディネーターの山崎さんにプロデュースしていただき、
ABC FOOD BOXのシェフの皆様に、美味しく作っていただきました。


aP1030449.jpg

karuizawa_house_b.jpg

karuizawa_house_c.jpg

総勢60名のお客様が参加されたわきあいあいとしたパーティ。
スパークリングワインを片手に会話が弾みます。

s-CAMB0GTJ.jpg






日本
いくらと焼きしめじの秋色ちらし寿司
karuizawa_01japan_a.jpg
真っ赤な紅葉をイメージした秋色のちらし寿司。
クランベリージュースで炊き上げた秋色の酢飯の上に大胆にいくらを敷き詰めました。
焼いたしめじともみじをトッピングして、日本の秋を演出しました。






中国
帆立と豆腐のチャイニーズ前菜
karuizawa_02china_a.jpg
お豆腐の上に湯引きした帆立の貝柱を乗せ、
干し貝柱とザーサイをざっとかけ、糸唐辛子を飾りました。
ホタテの旨みとザーサイのしょっぱさ、ピリ辛の薬膳ラー油の取り合わせが
中華気分を味わえる1品です。





タイ
魚貝のレモングラスサラダ
karuizawa_03thai_b.jpg
タイ料理に欠かせないのが、レモングラスとコリアンダー。
独特な爽やかな香りが特徴です。
イカ、エビ、アサリなどの魚介のサラダに、たっぷりのコリアンダーと
甘くてすっぱいレモングラス風味のドレッシングの絶妙なハーモニーをどうぞ。





トルコ
秋茄子と豆のヨーグルトマリネ
karuizawa_04turkey_a.jpg
ヨーグルトをお料理に使うのは意外と思われるかもしれませんが、
茄子とヨーグルトのマリネはトルコでは定番の品。
今回は、焼き茄子をたたいてから食べやすくカットし、
にんにくや白ゴマペーストでコクを出したヨーグルトで和えました。






レバノン
フムス(ひよこ豆のペースト)
karuizawa_05lebanon_a.jpg
ゆでたひよこ豆に、にんにく、白ごま、オリーブオイル、
レモン汁などを加えてすりつぶした中東地域の伝統的な料理。
クミンをきかせたスパイシーな味に、お酒がすすみます。







スウェーデン
松の実とサーモンのマリネ
karuizawa_06sweden_a.jpg
スモークサーモンのマリネに香ばしく焼き色をつけた松の実を散らしました。
脂の乗ったサーモンにディルをアクセントにしたさっぱりとしたマリネ液、
香ばしい松の実が嬉しい一品です。






ドイツ
ザワークラウトとソーセージの煮込み
karuizawa_07germany_a.jpg
ドイツでよく食べられるザワークラウト(キャベツの酢漬け)を
風味豊かなソーセージと煮込みました。
ザワークラウトの独特の酸味に、ソーセージが加わって、
なんとも言えない深い味わいに仕上がりました。






イギリス
プルーンとひき肉のコッテージパイ
karuizawa_08britain_b.jpg
ひき肉の煮込みに、マッシュポテトをのせて焼いた
イギリスの家庭料理のコッテージパイ。
カリっと焼けたポテトの中には、大粒のプルーンがたっぷりと隠れています。






フランス
カレイとムール貝のブイヤベース
karuizawa_09french_a.jpg
魚介にサフランの旨みが溶け込んだ、フランスのブイヤベース。
カレイ、ムール貝、海老、カニなど魚介を豪華に使用して
贅沢なブイヤベースに仕立てました。







イタリア
トリュフ風味のきのこパスタ
karuizawa_10italian_b.jpg
きのこをふんだんに使用した、きのこのクリームパスタ。
きのこ類をペースト状にし、トリュフオイルでじっくりと炒めました。
秋の味覚のきのこが存分に味わえる一品です。






ギリシャ
タコのギリシャ風サラダ
karuizawa_00greece_a.jpg
クリームチーズとレモンの酸味、オリーブオイルで、
ほろほろと崩れるフェタチーズのイメージで作ったギリシャ風サラダ。
酸味のある特製のドレッシングが、タコとディルの風味とよくあいます。






モロッコ
チキンとカボチャのクスクス
karuizawa_11morocco_a.jpg
モロッコのクスクスの特徴はシナモン風味。
今回は秋らしく相性ぴったりのカボチャを合わせました。
香ばしく焼いたチキンを、バター風味のクスクス、シナモン風味のカボチャと野菜の煮込みとともに。





軽井沢
洋梨とベリーのホワイトチョコレートケーキ
karuizawa_12japan_a.jpg
ジェノワーズに、キルシュをきかせたホワイトチョコレートのガナッシュと
やわらかく煮たクランベリーをはさみました。
洋ナシとベリー類を彩りよく飾りつけ。お誕生日のお客様のための大きな
バースデイケーキとしてご用意しました。



aP1030448.jpg

aDSC_0320.jpg

karuizawa_party_d.jpg



s-CAOPJGAQ.jpg

karuizawa_12japan_c.jpg


karuizawa_party_b.jpg


最後になりましたが、
フードコーディネーターの山崎さま、ABC FOOD BOXの皆様方、

私たちの提案した料理を、お客様に喜んでいただけるような美味しい料理へとカタ
チにしていただき、本当にありがとうございました。
次回は、もっとクオリティの高いものを提案できるよう、頑張ってまいりますので
今後ともハピスプを宜しくお願い致します。


19 : 17 : 18 | Catering party | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夜桜クルーズ
2007 / 04 / 10 ( Tue )
~お花見気分でフィンガーフード~
船上クルーズでハピスプの提案する春らしいフードを…

今回は夜桜クルーズのコンセプトにあうお料理という依頼を受け
春の旬を盛り込んだフィンガーフードをご用意いたしました。



出航は豊洲ららぽーと
全ての船の運航が終わってひっそりとした海に
貸切のクルーズでお客様とともに乗り込みました。


sshune.jpg

sDSC_0201.jpg


船上から眺める美しい夜景とともに提供させていただいたのは
6品の春を感じるフィンガーフードと
春らしいデザート。


プチシュー2種

鴨とポークのリエット 旬の筍添え
グリーンピースとマイクロトマトを飾ったお豆のムース
sDSC_0164.jpg

春になってジビエの季節もそろそろ終わりなので鴨とポークの
リエットをシューに詰め、筍を添えて

お豆のムースはプチシューに春色のムースを詰め
旬の枝豆とマイクロトマトを飾りました。

シャンパーニュ片手にすぐにつまめるプチシューたちです。






たらの芽と菜の花、パンチェッタのカナッぺ
sDSC_0181.jpg

春といえば山菜の季節。
苦味の効いたたらの芽に塩気の強いパンチェッタを添え
ブラックペッパーを練りこんだチーズとともに
クラッカーに乗せました。





蛤、空豆、菜の花
春の三点盛りカナッぺ
ssDSC_0191.jpg

春の和の定番素材である蛤と空豆、菜の花に
濃厚でクリーミーなアンチョビクリームソースをかけて。
素材それぞれの味を引き立てるリッチなソースの組み合わせに
白ワインが進みます。




鯛めしおむすび
sDSC_0206.jpg

鯛をまるごと一尾ごはんと一緒に炊き上げました。
鯛のだしがしみこんだごはんと多めに入れた身が贅沢な1品。
最後に、春の香りただよう木の芽をトッピングしました。



桜のミニバーガー
ssDSC_0221.jpg

桜の花をあしらった直径4cm特製ミニバンズに
つくねと春野菜のアスパラを和えた黄味噌ソースをはさみました。
ほのかな桜の香りが漂うバンズと
コリコリしたつくね、まろやかなソース…
お花見気分を盛り上げる1品です。


デザート
sDSC_0238.jpg

若草色のシフォンロール

ふわふわの抹茶生地に 
若草色のリッチな白あんクリームを巻き込みました。
春らしくピンクシュガーで飾りました。


旬の苺のバルサミコマリネ

一口サイズのパイケースに マスカルポーネチーズと
バルサミコソースでマリネした苺をのせて。




sDSC_01888.jpg


20070410120546.jpg



キラキラときらめく東京湾の夜景を眺めながら
春の宵のシャンパンクルーズ。
総勢35名の船上パーティで
春の旬を詰め込んだフィンガーフードを お楽しみいただきました。

7月には、200名の船上サルサパーティのフードも
担当させていただける予定です。

詳細が決まり次第、このブログでご案内させていただきます。


応援お願いします♪
にほんブログ村 料理ブログへ 
 
09 : 38 : 02 | Catering party | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。