スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
和×イタリアンのおしゃれB.B.Q.
2009 / 08 / 30 ( Sun )

今年はアウトドアブームのようで、「B.B.Qに行ってきたよ!」という声もよく聞きました。
空気の綺麗な川原で、炭をおこして焼けば、お肉も野菜もぐっと美味しくなるけれど、
ワンパターンにもなってしまいますよね。

そこでハピスプは、「和×イタリアンのおしゃれB.B.Q」をテーマに奥多摩の川合
キャンプ場でB.B.Qを楽しんできました♪

アンティパスト
「和×イタリアンの炭火焼アラカルト~2色ソースを添えて」
0908_a.jpg

ゼブラ柄のイタリアナスとレンコン、ジャパニーズ串
(一口サイズのコンニャク、よもぎ麩、厚揚げ)、
イタリアン串(イタリアのチーズ・カチョカバロとアスパラの生ハム巻き)の盛り合わせ。
こっくりした赤味噌ソースと香り高いバジルソースの二つの味をお楽しみいただけます。






プリモ・ピアット
「蟹みその豆腐焼き」
0908_b.jpg

ズワイ蟹の蟹みそで味付けしたガーリック風味のクリームソースと
絹ごし豆腐を蟹の甲羅に詰めて、グラタンのように焼きました。
トッピングとして贅沢に盛り付けた焼蟹の甘みとうまみがたまりません。
クリームソースでイタリアを感じ、素焼きした万願寺唐辛子で日本の夏を感じる1品です。





セコンド・ピアット
「バルサミコ風味のお肉ぐるぐる巻きおにぎり」
0908_c.jpg

しゃぶしゃぶ用のお肉をぐるっと巻いたお肉好きさん大喜びのおにぎりです。
かつおと白ゴマを混ぜ込んだおにぎりにお肉をぐるぐるっと巻いて
バルサミコ酢と醤油で作った甘辛いたれを塗りながら炙り焼き。
ちょっとイタリアの香りのするおにぎりになりました。






アペリティーボ
「ジャパニーズ・サングリア」
0908_d.jpg

日本の夏の香りを存分に楽しめるサングリア。
山梨の有機白ワインにスダチを蜂蜜をたっぷり入れました。
夏の日差しを浴びながら、いただく甘酸っぱい食前酒は最高!







ドルチェ
焼きみかんグラタン
0908_e.jpg

宮崎から届いた温州みかんにイタリアのリキュール・レモンチェッロをかけて
皮ごと炭火で焼きました。
リコッタチーズとミントの葉で飾りつけたら、甘酸っぱい絶品スイーツの出来上がり。






0908_process.jpg

夏の日差しと川原の涼しい空気を楽しみながらの
「和×イタリアンのおしゃれB.B.Q」.
ソースづくりや食材のカットは前日にほぼ準備をしていき
当日は焼くだけのお手軽なパーティだったのでとっても楽チン。

紙皿ではなく、ミントンの白磁のお皿とカトラリー
ぐっとパーティ気分が盛り上がりました。



0908_f.jpg

最後は思い思いのお菓子(おせんべいやいちじく、マンゴーなどのドライフルーツ)
を持ち寄ってチョコレートフォンデュもして、大満足!

みなさんも一味ちがったおしゃれB.B.Q.はいかが?
工夫した分、盛り上がりますよ!


スポンサーサイト
19 : 52 : 59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハピスプ「山菜ブランチパーティー」 in 野沢温泉
2009 / 06 / 16 ( Tue )

200906_top.jpg
お久しぶりでーーす。
ハピスプは小休止して山菜採りに行ってきました。

長野県、野沢温泉街へ山菜を採りに行きました。
旬のネマガリダケ、わらびをたくさん収穫し
よもぎやイタドリ、クローバーも摘んで、
フランスの田舎風ブランチパーティーをイメージしたお料理を作りました。




ハピスプは山菜を採りに、山へ出発!
山菜に詳しい方と一緒に、イタドリ、ネマガリダケ、わらび、よもぎなどを収穫しました。

200906_a.jpg




山菜を下処理して、山菜の天ぷら作り。
よもぎ、ふき、ネマガリダケ、桑の葉、うるいなど、採れたての山菜の天ぷらは絶品です。

長野名物の、ネマガリダケとさばの水煮缶の「たけのこ汁」も一緒にいただきました。

200906_b.jpg






本日のメニュー
山菜を使った前菜3種

生ハムブーケ イタドリソース
200906_ham.jpg

わらび、ネマガリダケ、うるいを生ハムに巻いて。
山菜の苦味と、イタドリの甘酸っぱいソースがよく合います。





よもぎのクレープ
200906_galette.jpg

やわらかく茹でたよもぎを刻んで、長野産のそば粉に混ぜて焼いたよもぎのクレープ。
表面にもよもぎをのせて可愛らしく見せ、
クリームチーズとだししょうゆを混ぜたフィリングを、山菜とともに巻き込みました。





山菜カナッペ 
200906_canape.jpg

ケシとセサミ風味のクラッカーに、よもぎと甘酸に漬けた
ラッキョウのみじん切りを入れて練り上げたクリームチーズを載せ、
山菜を飾りました。





山菜とクローバーのリヨン風サラダ
200906_sarada.jpg

山菜とクローバーを、アンチョビー、ブラックオリーブでアクセントをつけたリヨン風サラダ。
クルトンの代わりに信州のそば粉かりんとうをのせて、カリカリ感を楽しみます。
みんなで見つけた四葉のクローバーも一緒にいただきます♪




ネマガリダケのグラタン
200906_gratin1.jpg

エシャロットをじっくりと炒めて作ったホワイトソースをベースに、
グリュイエールチーズ、信州みそを混ぜ込んだコクのあるソースを、
フェットチーネとネマガリダケにたっぷりとかけてオーブンで焼きあげました。




山菜ブランチ作成中です!
グリュイエールチーズをすりおろしたり
うるいをゆでたり
よもぎのクレープを焼いたり・・・

200906_c.jpg



200906_end.jpg

山菜というと、天ぷらや佃煮のイメージをされる方が多いように思ったので、
「山菜=日本のハーブ」だと捉えて、あえてフランスの田舎風のメニューを考えてみました。

それぞれの山菜が持つ酸味や苦味を生かせば、
キリッと冷やした白ワインに似合う食卓にもなります。
ネマガリダケやわらびなど、山の恵みをたっぷりといただいた休日のブランチでした。
18 : 42 : 27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。